小説家として生きる

2021年11月22日

あ、わたしって、小説家だ。


ある日、ファミレスでそう思った。


いつも何かしらのストーリーの構想を書いたり、ノートに記録をしている。
ファミレスの大きなテーブルに、ノートや手帳、筆記具、付箋を並べて書いている。
設定してイメージを固めると、すらすらストーリーができてくる。


作家になりたい。
小説を書きたい。
小説家として生活したい。
と、
ずっと思ってきた。


小説のことを考えて生活している。
そう気がついたときに、あ、わたしって小説家だと、思った。

小説家宣言。